重ね煮コゼー

重ね煮コゼーが生まれるまでの道のりはスンナリ!、、、でなかった話

こんにちは^^
 
 
 
頑張るママの台所仕事の有能なアシスタント
重ね煮コゼー
 
購入お申込みは
11月6日(月)
午前9時開始
です。
 
 
 
 
コロンとした外観
何ともいえない肌ざわり
キッチンに置いていて癒される存在
これは、
重ね煮コゼーを愛用してくださっている
生徒さんのお声です。
 
 
もとこさん.jpg
 
奈央ちゃん.jpg
 
 真弓さん.jpg
 
 
こんなに言って下さって
涙が出るほど嬉しいです♡
 
 
 
 
実は、
重ね煮コゼーは
すんなり制作、発売まで
こぎつけたワケではありません。
 
 
 
 
現在の重ね煮コゼーの、
形状、仕様を決定するまでに
かかった時間は4か月
作ったサンプルは片手では
治まりません。
 
 
 
 
 
重ね煮コゼー
を作るにあたって

こだわったことは
 
1.コンパクトであること
2.保温能力が高いこと
3.色々な大きさの鍋で使えること
4.片手鍋が使えること
5.安定性が良いこと
6.キッチンに置きたくなるようなかわいい外観
7.安心素材
 
 
1と2については機能性。
大きくて収納場所に困ったり、
使うたびに引っ張り出してくる
ということにならないよう、
毎日手軽に使えるコンパクトさ
 
 
そして
コンパクトさと裏腹な
保温能力の追求
 
 
鍋に入れた水を沸騰させ、
10分から60分後までの温度変化を調べ、
中に入れる綿の量を決定しました。
 
 
 
3.4については経済性。
どのご家庭の鍋でも使えるように
鍋の大きさに対応できて
しっかり包めるような形にしたい。
 
 
また
片手鍋の場合でも
取っ手部分を外へ出して、
鍋本体しっかり保温できるように
考えました。
 
 
 
5の安定性。
重ね煮コゼーはアウトドアでも使えます。
それは抜群の安定性ならでは。
 
汁物を取り出す時に
ひっくり返さないように
底面にはしっかり厚みを持たせて、
中に詰める綿の素材に
こだわっています。
 
 
 
6、7のかわいらしい外観と素材。
ご覧になって分かっていただけるはず。
 

台所に置くものは
見ていて楽しいもの、
ママが毎日使いたくなるもの、
使わない時も眺めていたくなるものにしたい、
という想いから

ああでもない、こうでもないと
まさに試行錯誤。

 
そして
いくつものサンプルを経て
ようやく完成したのが
重ね煮コゼー第1号なのです。
 
 
23023689_1439998982782074_267229345_n.jpg
↑第1号
現在はここからさらに改良を重ねています。
 
 
あ、ちなみに
重ね煮コゼーは現在
意匠登録出願中です。
 
 
 
では、
ここからがぜひ聞いていただきたいところ。
 
1から7のこだわりを全て満たす
重ね煮コゼーの仕様について
聞いてください!
 
 
 
 
片手鍋でも使えるように
取っ手を出す部分があります。
 
23113409_1439999412782031_756998338_n.jpg
 
 
コゼーの側面には綿(わた)が入り、
分割されています。
コゼー上部にはリボンを通していて、
口をきゅっとしめることで
様々な大きさの鍋に対応することが
できます。
 
IMG_6239295.jpg
 
 
そしてコゼーの中綿は
なんと全部で500g
保温能力高いはずです。
 
 
これらの綿は100%綿花の綿を使用しています。
なので保温性はモチロンのこと
しっかりしていて安定性抜群!
 
 
使用している布地は保温性が高く、
表情豊かな風合いのリネン地
また、
季節や気分に合わせて
楽しんでいただけるよう
リバーシブル仕様になっています。
 
 
 
 
 
サンプルを作っている時には
こだわりを全て満たしてくれるものが
本当に出来上がるのだろうか、
完成までどのくらいかかるのだろうか、
と想いながら、
 
 
それでも全く苦労はなく
むしろワクワク楽しみながら
サンプルひとつひとつを愛しく思いながら、
作成しました。
 
 
 
 
出来上がりサンプルを手にして
実際に使ってみて、
 
かわいい!
使いやすい!
抜群の保温力!
 
私はすっかり惚れ込んでしまいました。
はい、自画自賛笑。
 
 
IMG_9960295.jpg
 
 
 
これは何としても
「沢山のママにお届けしたい!」
という想いがより強くなりました。
 
 
 
 
ですが困ったことが、、、
縫製をどうしよう?
 
 
 
ご存知の通り、
私は針仕事は大の苦手。
 
 
ママに使ってもらいたい重ね煮コゼーは
工場で生産するのでなく、
手作りにしたい。
 
 
 
できるならば
ママの手からママの手へ
繋げていきたい。
 
 
そこから
私の想いに共感して、
縫製してくれる人探し
が始まりました。
 
 
どうやって探したか、
と言いますと、、、
想いをただ語る笑。
 
すると、
大変ありがたいことに
「一緒にしたいです!」
と言って下さる方が現れたのです。
 
 
 
それは、、、
次回へ続く。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/4/18

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが調味料を変 ...

続きを見る

2021/4/18

宅配の食材セットの購入をやめました!【重ね煮アカデミー養生科生のお声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「宅配の食材セットの購入をやめました」 どういうこと?って思いますよね。 重ね煮アカデミーの生徒さんからのお声が届きました。 ご紹介させていただきますね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー (一部抜粋) 宅配会社の食材セットを 購入していたのをやめました。 野菜を沢山購入するようになり これまで使わなかった 根菜類を沢山使うようになりました。 料理を作ることに対して 「苦痛・面倒・できたらしたくない」 から「簡単・ラク・楽 ...

続きを見る

2021/4/15

3ヶ月で砂糖依存から脱出できました!【重ね煮アカデミー養生科生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「本当に自然に我慢しないで 砂糖離れできたことがすごいです!!!」   重ね煮アカデミーの生徒さんからの声が届きました。 甘いものをやめたい やめなければ、、、 多くのママのお悩みではないでしょうか? また、我慢する!しか、 解決策が見つからない問題だと思います。 実はこのお声、 3ヶ月前には砂糖をやめたい!どうしたら、、、? と言っていた生徒さんの声です。 どうしてこんなに変化できたのか 少しご紹介しますね。 & ...

続きを見る

2021/4/1

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな?と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたいと思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を子供に手渡していく、ということ。 食 ...

続きを見る

2021/3/27

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。     ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりま ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当テキスト

4800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当のレシピテキストをご登録者にプレゼントします。


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.