本科修了生 橋本真弓さん

【本科】幸せのお声 生徒さんの喜びのお声

一生迷わない食べることの軸を手にしてもらいたい【重ね煮アカデミー本科修了生のお声】

橋本真弓さん
現在 横浜港南教室「ハナミズキ」主宰

重ね煮アカデミーの師範を目指したきっかけ

身体の不調を食事で治すことができる。

重ね煮を学んではっきりその根拠をもって知ることができ、家族や自分の身体や生活に表れてきた変化があるからこそ、これが本当の家庭料理だと自信をもって家族の健康管理ができるようになりました。

この学びを自分の中で終わらせていくのがもったいなくて、おせっかいな気持ちも手伝い、台所に携わるたくさんのお母さんに知ってほしいと思い、師範になることを決めました。

半年間の活動

今まで学んできだインプットをアウトプットの形にして発信する立場になる。この立ち位置の変化は人として成長する上でもとても大きいです。この目線になるだけで習っていたことをはるかに上回る学びが自分自身に舞い込んでくる日々です。

伝えようとするとさらに深く知る必要があり、言葉選び、伝え方、自分への問いなど着眼点がガラッと変わります。その思いが伝わり、その方の毎日の生活や食のヒントになってもらえた時の喜びが何よりの宝です。

印象的なエピソード

養生科の生徒さんがだんだんと習ったことを復習するようになり、生活の中に取り入れた2か月で嗜好の変化を伝えてもらったことがあります。

「仕事のお供にコーヒーとチョコレートが欠かせなかったのが今ではコーヒーが飲みきれない、チョコも食べる頻度がぐっと減った。」

本当にうれしくて、今でもその感動は忘れらません。ひとりでも多くの女性に健康で快適な毎日を食事という方法で手に入れてほしいと思いました。

仲間や田島恵先生の存在

師範仲間は、田島先生の重ね煮を広げるために前を見つめて発信し活動し続ける姿にあこがれ、ついていこうとする同志です。先生が進む方向に向かってぶれずに旗を振ってくれているのでとても頼りになる存在です。そのもとで師範それぞれの個性が光る活動をするので重ね煮が多彩な魅力をもって広がるのを感じます。

同日に同じ想いで生徒さんにそれぞれの自宅教室で伝えている日などは同志だなあと心強くなります。

未来へ向けての想い

食べるものが自由に選べる今だからこそ迷う時代です。生きるために食べるなら、できるだけシンプルに楽しく食から健康になれたらどんなに幸せだろうと思う気持ちです。

自分が伝えられる食べ方のヒントをしっかりお伝えしていく。

続けることで一人でも多くのお母さんへ一生迷わない食べることの軸を手にしてもらいたいと思っています。

これから師範を目指す方へのメッセージ

一緒に重ね煮で笑顔の輪を広げていきましょう。
伝え方は十人十色。
あなたの伝える重ね煮を待っている人がいますよ!

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2020/3/29

引き算の食べ方こそが「手当て」だと腑に落ちました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

大野理加さん 町田市在住(小学生と2歳の3人の男の子ママ、ご家族5人) 基礎科で印象に残ったこと 引き算の食べ方こそが「手当て」だと分かりました。 今までは調子の悪いときは栄養のつくものを食べさせ、そのうえで自然療法の手当をしていました。 先生の話で、まずは食事を半量にする、ということを聞き、「引き算なのだ」とわかりました。 実際に実践してみると、確かに回復に無理がなく、自然に治していくことが出来ました。手当に頼り過ぎないという考えも気が楽になりました。養生科で引き算の食べ方を学んでいたのに上手く取り入れ ...

続きを見る

2020/3/29

料理が苦手だった私が短時間で数品を作れるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

村田洋子さん 藤沢市在住(ご家族3人、2歳の女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 身土不二から繋がる郷土食が深い! 郷土食を調べたことで日本はスゴイと思いました。日本人の生きてきた歴史や昔の人の沢山の知恵が、本来人間が持っている力を最大限に生かされ、身も心も元気になるのだと深く納得しました。自分で調べたことで、学びがグッと落としこまれて来ました。 穀物と野菜だけで十分おいしいご飯が作れるということを毎回の実習で感じました。 ご家族ご自身の変化 依存していたコーヒーを飲むのを忘れるように! 「朝はしっか ...

続きを見る

2020/3/27

花粉症、インフルエンザとのバイバイに加え、台所に立つのが楽しくなりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

足立夏代さん 横浜市在住(ご家族4人、小学生、高校生のママ) 応用科で印象に残ったこと 献立の組み立てや配膳、陰陽判断など学び多い深い時間 陰陽についてさらに深く学び、植物のあり方や原産地から陰陽を見れたことは深かったです。 また、献立の組み立て方や配膳について学べたのが嬉しかったです。 背伸びかなと思いながら応用科を受講しましたが、とても学び深く良い時間となりました。 ご家族ご自身の変化 花粉症改善、インフルエンザとバイバイに加え、台所に立つのが楽しくなりました。 ・花粉症が改善しました! ・子供たちの ...

続きを見る

2020/3/27

野菜を沢山食べる必要はない、軸とするのは穀物の食べ方【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

勝倉歩さん 川崎市在住(6歳の男の子の働くママ、ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 野菜を沢山食べる必要はない 野菜を中心としてあれもこれも摂らなきゃ、、、と考えていたのが、穀物の食べ方を軸とすれば良いということが腹落ちして、ラクに捉えられるようになりました。 「手当て法」について学んだことで日々の食事こそ手当てであり、身体を治す手助けなのだと知った上でやってみようと思いました。 ご家族ご自身の変化 家族の「おいしい」が聞けるように! 夫と保育園児の息子から「おいしい!」が度々出てくるようになりました ...

続きを見る

2020/3/26

花粉症が軽くなり、貧血も改善!体調を崩さなくなりました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

島田恵美さん 綾瀬市在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと 栄養があるとか身体に良い悪いではない 栄養があるとか、体に良い悪いで食材を選びがちでしたが、全てにおいて覆されました。 一物全体食と先生がよくおっしゃるように、野菜の皮、根、灰汁も含めて全てを頂く事で、調和され陰陽の傾きが小さくなり、バランスが整えられて体調も改善されてくるという、全体の繋がりのような事が分かりました。 健康になるために、あれもこれもと食べ過ぎていた事が、逆に体調を崩す原因になっていた事に驚きました。 座学を通して、日本人の ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜おなかが痛い時編〜

3700名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜お腹が痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2020 All Rights Reserved.