重ね煮アカデミーでは、生クリームの代わりに豆腐クリーム、唐揚げの代わりに大豆ミートというような〇〇に似せたそっくりさん料理は作りません。

食べるうえで大切にしているのはごまかさないこと。

素材の味をごまかさない。
自分の舌をごまかさない。
自分の心をごまかさない。

その理由についてお伝えします。

ごまかしから生まれるのは我慢

かくいう私も、実は重ね煮を学び始めて、息子の身体に顕著な改善が見られた時に自分が好んで食べてきたものが息子のアレルギーの原因となり、自分がよかれと思って作ってきた料理やおやつも実は息子のアレルギーの引き金となっていたのだと知った時に、〇〇はダメ!△△は良くない!というように、頭の中には食べてよいものよりも、ダメなものばかり浮かんでいました。

 

砂糖、油脂、乳製品、卵をいかに減らすかに夢中になり、ココアの代わりにキャロブパウダー
、砂糖の代わりにメープルシロップや甘酒やドライフルーツバターや卵の代わりに豆腐、油、雑穀というように代用品を使って美味しいケーキを作ることに精魂を費やしていました。

 

当時は、あらゆる種類の雑穀が家にあり、材料費もかなりかかった記憶があります。「なかなか美味しい。」頑張っている私自身は思っていたのですが、意外にもよく食べるはずの息子の食べっぷりが良くない。

 

煮りんごや蒸し煮したさつまいも、とうもろこし、白玉団子、果物を煮た甘みで作ったゼリー
おにぎり
の方を美味しそうによく食べることに気が付きました。そんなある日「おいしくない?」と聞くと、「う~ん、おいしいけど、あじがこいの。」と答えたのです。

 

それを聞いて、私の中です~っと落ちたものがあり、食べ過ぎない方がよいものの代わりを求めるのでなく身近にあるのもの、食べられるもので十分美味しいものが作れる、そしてそれが息子の舌にも合うことに気がつきました。

 

実際、私自身もこのケーキをいくら食べても、やはり本物の生クリームやチョコのケーキとは違うという否めない気持ちがあったことに気が付きました。

 

そんな経緯を経て今は、豆腐を使った生クリームや肉にみせかけて大豆ミートや雑穀を調理したりすることは、豆腐や雑穀などの素材にも申し訳ない気がします。誰かのそっくりさんになるように調理されるなんてかわいそうだな、と。

 

嗜好品に限らず、野菜についても素材の味をしっかりと出して美味しくいただきたいと思うのです。

メリハリをつける大切さ

何かの代わりはあくまで代わりであってそっくりさんにはなれても、舌も心も満足する本物にはなれないのです。

お肉や乳製品、卵などの動物性食品や砂糖は摂り過ぎが良くないのであって、食べてはいけないものではありません。食べる時は良質のものをおいしく大切に食べたい、そうすると心も身体も満足するのですよね。

 

私自身はハレの食」と「ケの食」のメリハリをつけるように心がけています。
食べすぎたと感じたら、翌日は減らす。
摂りすぎたと感じたら、数日控える。
1週間単位で大まかにとらえています。

 

なので、コーヒーの代わりに玄米コーヒーを飲むということはせず(玄米コーヒーがお好きな人は別として)大切な人との時間、一人でほっとしたい時にゆったりした気分でいただきます。もちろん生クリームのケーキもいただきます。それも素材の味♡ですからね。

ただ、体調が良くない時、取りあえず、というような余裕のない気分の時には摂らないように気を付けています。

 

いかがでしたでしょうか?重ね煮アカデミーの「食」についての考え方が伝われば幸いです。

 


365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

2600名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

パパも子供も大満足!
朝15分で出来ちゃう身体が整う完食弁当

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2019年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン