関東もまもなく梅雨入り。
梅雨は湿度が高く、
じめじめしますね。

 

ぜんそく、鼻炎、関節痛などの
持病が出たり、
おなかの調子が悪くなったり、
身体がだるい、重いなどの症状、
古傷が痛むのも梅雨ならではのお悩み。

 

でも、
これらの困った症状は
ちょっとしたことに気を付けるだけで
ずいぶん軽くなるのです。

 

今日は
梅雨を快適に過ごすために
気を付けたいこと、
控えた方がいい食材、
積極的に摂りたい食材と
その調理法など

 

「おうちで簡単にできる食養生」
についてお伝えしますね。

 

梅雨のじめじめは身体の中にも

髪の毛がフニャフニャして
うまくまとまらない
という方も多いと思います。

 

実は

 

髪の毛などの目に見える部分だけでなく
私たちの身体の中でも
じめじめ、フニャフニャの
同じような現象が起きています。

 

身体の内側に老廃物を含んだ水分が
滞りやすくなるのです。

 

たまった水分を外へ上手に排出できないと
ぜんそくのお子さんはゼロゼロが
ひどくなったり、

 

鼻炎や中耳炎になったり、

 

頭痛や倦怠感、肩こり
目まいの原因にもなります。

 

古傷が痛むのも
その場所に体内の水分が停滞して
しまうためです。

 

↑重ね煮アカデミーでお伝えしている初夏の献立

 

梅雨に取り入れたい食養生

気を付けたいのは
「湿」を外に出せる状態を
つくること。
つまり、
血のめぐりを良くして
汗や尿と一緒に余分な水分を
排出しやすくすることです。
そのために気を付けたいのは
次の7つ。

火を通したものを食べる

梅雨の湿気で消化機能が落ちやすく
水分が外へ出しづらくなっています。

 

生ものや冷たい物は
消化に時間がかかるため
胃腸が疲れやすくなります。

牛乳を控える

喘息のお子さんの場合は
特に注意が必要です。
牛乳はもともと乾燥地帯に住む民族が
湿を摂るために食していたもの。

 

梅雨どきに飲むと
体内に「湿」を停滞させて
喘息がひどくなる場合が多いです。
中耳炎や鼻炎にも
同じことが言えます。

 

ウリ科の野菜を食べる。

きゅうり、ズッキーニ、
かぼちゃ、ゴーヤーなど
ウリ科の野菜にはカリウムが豊富。

 

利尿効果があるため、
余分な水を対外へ出すのを
助けてくれます。

 

イネ科になりますが、
とうもろこしも同じく
水分の代謝を助けてくれます。

 

さっと火を通した味噌煮や
ラタトュユでいただくと
いいですね。

 

↑夏野菜の味噌煮

乾物を活用する


切り干し大根、ひじき、かんぴょうなど
の乾物は、体内の余分な水分や老廃物をからめて
排出しやすくしてくれます。

 

また、春野菜からいきなり夏野菜へ
切り替わると身体も驚いてしまいます。

 

端境期の移行期間として乾物を利用するのは、
先人から伝わる知恵でもあるのですね。

↑切り干し大根のハリハリサラダ

小豆を取り入れる

小豆には血液をキレイにしてくれたり
利尿を促す効果があり、
むくみ対策にはおススメです。

 

甘味をつけずに
ごはんや汁、煮ものとして
お料理の中に取り入れることを
おススメします。

 

梅を活用する

その時期にできる食材は
私たちの身体を助けてくれるチカラ
を持っています。

 

クエン酸が豊富で疲労回復にも
チカラを貸してくれる梅、
そして血液をキレイにしてくれる梅を
梅和えや梅干し入りのごはんなど
お料理に取り入れてみてください。

 

甘い飲み物を控える。

 

甘い飲み物は
尿と一緒にうまく排泄できず
身体の中に停滞するため、
水毒を引き起こします。

 

身体の細胞のひとつひとつが
水分を含んでパンパンの水太り
になっている状態です。

 

大量の汗をかかないのに
スポーツ飲料、、、
要注意です。

 

それが
様々な体調不良の原因となるのです。

 

めまい、だるさなどの
自覚症状がある場合は
特に控えた方がよいですね。

 

「夏の重ね煮味噌汁」をご紹介

いかがでしたでしょうか?

 

季節に実る食材が
私たちの身体の助けと
なってくれるのです。

 

今日は梅雨におススメの
カリウムを沢山含んだウリ科、ナス科の野菜を
使った「夏の重ね煮味噌汁」をご紹介しますね。

 

 
 
【材料と重ね方(5人分)】
——-○——
味噌 60g
油揚げ 半分 細切り
人参 30g いちょう切り
玉ねぎ 80g  薄切り
かぼちゃ100g 角切り
なす 120g 角切り
わかめ(塩蔵)10g 塩抜きしてざく切り
—————
水  3カップ
大葉
 
 

【作り方】
1.鍋にわかめから順に
図の通りに材料を重ねていく。
 
2.味噌は一番上に3~4つに
分けてのせる。
 
3.分量の水を材料の8分目まで
加えて、フタをして中火にかける。
 
4.湯気が出て良い香りがしたら
弱火にし、野菜がやわらかくなるまで煮る。
 
5.味見をして、
残りの水を足して調整する。
 
6.器に盛り、刻んだ大葉を飾る。
 

上へ飾るのはみょうがもおススメ^^
大葉や茗荷などの香味野菜は
食欲をそそりますね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE