こんにちは^^田島恵です。
連休、
いかがお過ごしでしたか?
楽しい時間はなぜ過ぎるのが早いのだろう、
と子どもの頃はよく想ったものですが、
47歳になった今でも想います笑。
そのあたりは成長ないですね。
私は前半のお休み(4/28~30)は
都内へ出かける用事が続きました。
初日は次男とお台場
シルク・ド・ソレイユのキュリオスへ。
31950007_1626900754091895_6866369997141180416_n.jpg
舞台裏の練習、汗と努力の積み重ねを
想像しながら、
素晴らしい舞台に感動。
連休後半(5/3~5/5)は普段通り
「自宅から半径2キロ以内行動」
息子の野球の応援とバロンの散歩を
楽しみました。
連休ということもあり、
いつもより少し長い散歩を
してみました。
(といっても鎌倉ですが)
鎌倉に住んで13年
海、寺社、自然や花と
沢山ある鎌倉の魅力の中でも
特に私が大好きなのは
中世の歴史を肌で感じられる古道です。
夏でもひんやり涼しく
静寂な木漏れ日の中、
昔の人たちや暮らしに
想いを馳せながら歩く
のが好きなのです。
今回は鎌倉と逗子を結ぶルート
「名越切通し」を歩きました。
ここ、心霊スポットとしても
ちょっと有名です^^
普段は閉鎖されている
「まんだら堂やぐら群」
(やぐらとは中世の横穴式のお墓です。
その数150以上のまんだら堂)
が公開中で、
間近に見ることができて
来てよかった!と感動!
31948059_1626845980764039_5971744290957688832_n.jpg
大きな岩場を切り通して
人々の通路とした「切通し」。
31939620_1626846134097357_2418106436354572288_n.jpg
どんな道具を使ったのでしょうね。
何人くらいの人が関わったのでしょう。
当時を想像します。
楽しい散歩をして
帰ってきたら、
「目が腫れてるよ。」
と息子に指摘されて
鏡を見るとなんと
めばちこ!
(共通語ではものもらい
ができていることに
ビックリ!!
急いで
目薬を買いに薬局へ!
とはモチロンならずに
番茶を沸かして
塩を一つまみ入れて
ガーゼを浸して目を拭きました。
32073031_1626845854097385_3518157035281580032_n.jpg
朝にはすっかり治っておりました。
念のため、
翌日ももう一度沸かした塩番茶
目を拭きました^^
こういう時、
手当てのチカラ
に感謝すると共に
先人の知恵に感動します。
今回は私、大人ですから
少々痛くても
泣き叫びませんし、
我慢できますが、
これがお子さんだったら
痛いだろうし
「めばちこ」と言えども心配。
でも手当てを知っていれば
休日診療へ行ったり、
夜遅くにドラッグストアへ走ったり
しなくてすみますよね。
塩番茶は疲れ目にも
赤ちゃんの目やににも
お役立ちです。
番茶の1%程度の塩
加えてくださいね。
重ね煮アカデミーでは
お家で簡単にできて
台所にある材料でできる手当て
お伝えしています。
病院へ行かないために
ではなく
薬を使わないために
ではなく
お家でできることを
早めにしてあげること
ひどくなることを防げて
お子さんもママも安心できるから。
知っていると
慌てずに対処できますよね。
連休明け、
体調を崩す方が増える時期です。
手当てとしては
食べ過ぎ注意です!!
できれば、
揚げ物、甘いものを控えて。
それだけで結構乗り切れちゃいますよ。