今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》
お届けしていきますね。

 

中学時代の話、始まります^^

———————–

塾と家庭科が大の苦手?!
【高校入学まで】

 

小学校5年生の時、弟の健康を心配した両親が
緑の多い場所を求めて、奈良へ引っ越しました。
(弟は今ではすっかり元気です)

 

生駒山のふもとの畑の中を
小豆色の電車がごとごと走る田舎です。

 

ここでは、さらにのびのび遊びました。

 

放課後や休日は弟と近所の男の子と一緒に
ドッジボール、鬼ごっこ、宝探しなどして
真っ黒になってよく遊びました。

 

 

 

このころの好きな教科は音楽と体育、
苦手な教科は自信を持って家庭科。

調理実習が特に苦手!

家で料理をしないので、
どう動けばいいのかわからない!
始終ウロウロしていて、食器洗いでなく
食器拭きをしていました 笑。

中学入学。

 

4歳から続けていたピアノでコンクール入賞
もしており、音大へ行くことをぼんやり
考えていました。

 

「音大へ行くなら運動部は絶対ダメ!
指にケガをするから! 」

 

母の猛反対にあい、
ソフトボール部か剣道部へ入りたかったのを
やむなく美術部へ。
(絵は大の苦手なのですが、「苦手を克服しなさい」と言われ、
半ば無理やりでした→克服ならず、今も苦手です^^)

 

結局、高校受験前に音大へは行かないことを
迷わず決めて現在に至るのですが。

 

そして、もう一つ母から、、、

「中学生になったのだから勉強しなさい」
ということで、塾へ入りました。

 

まあ!
これが私にとってはものすごい苦痛でした。

 

周りは小学校の頃から通っている子ばかり。
途中入塾なのでなんとなく居心地が悪く、
わからないところを聞きたくても勇気が出ず聞けない。

反対に、自分がわかっている問題を質問する生徒がいると、
その間は退屈。

 

ある日、定期試験期間中ということで、
塾の授業が急に自習になりました。

 

周りの皆は「やった~!」とそれぞれの勉強を
始めていましたが、

私は自習になることを知らなかったので、
試験勉強の準備を持っていませんでした。

 

思い切って先生に声をかけました。
(これが塾内で初めて声を発した時かも。)

 

「先生、帰っていいですか?」

 

自分がやりたい勉強がここでは出来ない、
家へ帰ってやろうと思っての質問だったのですが、
慌てた先生の顔を不思議に思ったのを覚えています。

 

その後もどうにも馴染めず、
母に懇願して塾は辞めさせてもらいました。

頑張って通った期間は半年間でした。

 

それ以来、大学受験でも私にとって塾はトラウマ
避けてきました笑。

しあわせの重ね煮ヒストリー
続きは、
普通のJK、土壇場の真剣勝負!
【大学入学まで】


365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

1000名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

☆ママの知恵袋☆薬に頼らない対処法
ママとこどものためのかんたんお手当て法 ~のどが痛いとき編~

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2017年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン