今日は全6回の養生基礎クラスの最終回、
油についてお話させていただきました。

オイルブームなる言葉があるようです。

1998年ころのオリーブ油
まだ記憶に新しいココナッツ油
最近の亜麻仁油。

私は流行があるものは嗜好品と捉えています。

嗜好品とは、毎日摂取したいものではない
楽しみとしていただくもの。
油の場合は、お料理にコクや香りを出したい時に使うもの。
かけたり飲んだりして毎日摂取すべきものではないということ。

 

ここで油への認識の変遷を辿ってみたいと思います。

1.戦後、バターが高価であること、植物性原料由来のため
ヘルシーを売りにしたマーガリン流行。
バターよりマーガリンが良いという認識。

心疾患、心筋梗塞へのリスクが分かり
トランス脂肪酸であるマーガリンは悪者。

2.必須脂肪酸のω6脂肪酸は悪玉コレステロールを減らしてくれる。
コーン油、ひまわり油、胡麻油を摂ろう。

ω6は善玉コレステロールまで減らしてしまう。
心筋梗塞のリスクがあるので、摂取は減らした方が良い。

ω3脂肪酸のえごま油、しそ油、亜麻仁油も摂ろう。

ω6を少なめに、ω3を多めに摂るのが理想である

 

最後の結論が今落ち着いているところでしょう。

 

なので今は、亜麻仁油ブーム。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

 

 

 

 

 

 

油について、わずか数十年でこれだけ認識が変わるのです。
理由は人の健康に影響が出てきたから。
言い換えると、悪い影響が出なければ分からない。
そんな情報を信じていいのか、ということになります。

 

私が生徒さんへお伝えしたのは、
迷った時は一物全体食に照らし合わせること。
抽出したものでなく、
例えば胡麻油より胡麻というように
もとの食品から摂取することを第一に考えること。

 

私たちの身体に馴染んでいるものを食べること。
それが動物実験や分析学からの結果での情報でなく
私たちの身体に長年にわたって取り込まれ、
消化、吸収排泄されてきたものだから。

そうすることで、難しく考えずとも
食べ過ぎ、摂り過ぎを防ぎ、
バランスよく摂取することが出来ます。

そして、最も大切なことは
耳を外の情報ばかりに向けずに
自分の身体に向けること。

身体の声を聞こう、ということ。

油の摂り過ぎは倦怠感や疲労感を生み出します。

身体が喜んでいるか
美味しいか

そこを基準にするだけでも
摂り過ぎは減らせるのではと思います。

 

これからの情報化時代、
自分の中に判断の軸を持つことが
ますます大切になってくると思っています。

 

こちらも参考にしていただければ幸いです。

油と上手につきあう①
油と上手につき合う②
油と上手につき合う③

 

 

 

 


365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

1000名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

☆ママの知恵袋☆薬に頼らない対処法
ママとこどものためのかんたんお手当て法 ~のどが痛いとき編~

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2017年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン